人材育成研修のポイント

人材育成研修は、従業員の業務への意欲を高めたり、組織人としての自覚を持たせたりするうえで重要な取り組みとなっています。意義のある研修を実施するためには、人事担当者が率先して業務に役立つ研修のテーマを選択することや、研修に関するコストを確認することが大切です。

人材育成研修のテーマの選び方

人材育成研修を本格的に導入する場合には、実務に直結しやすいテーマを選択することがとても大切です。特に、スキルアップや昇格などに役立つテーマは、多くの従業員に関心を持ってもらえるだけでなく、研修の後…

See Detail

人材育成研修のコスト

人材育成研修の方法は、それぞれの企業の従業員数や事業内容などによりますが、予算内で研修を実施するために、コストに注目をしながら研修の計画を立てることが大切です。例えば、eラーニングなどの現代的なイ…

See Detail

人材育成研修の意義

先が見えず、雇用が定着しにくい時代ですが、離職率が低い会社には必ず理由があります。その見えない部分になっているポイントを分析して具体的に提案できる能力が採用担当者や人事担当者に求められます。新人を…

See Detail

人材育成研修の方法

eラーニングを使った人材育成研修

eラーニングは、パソコンやインターネット環境があればいつでも学習ができるツールの一つとして知られており、IT化の進展に伴って、民間企業の社員研修に採用されるケースも増えています。特に、数ある企業の…

See Detail

グループワークを取り入れた人材育成研修

仕事を円滑に行うためには、自分の価値観や先入観にとらわれない柔軟な発想が大切です。自分とは異なる考え方や価値観を持つ人がいることを知り、その考え方を認めるためにグループワークは効果があります。例え…

See Detail

人材育成のセミナーに参加してみよう!

人材育成のセミナーは、様々な業界向けに催されている勉強会のことをいいます。キャリアアップやスキルアップに役立てることができます。

外部の講師による人材育成研修

いろいろな専門スキルを学べる

外部講師による人材育成研修ではいろいろなスキルを学ぶことができることができますよ。様々な業界を教えている実績と経験がありますので受講生に応じた指導ができることが特徴です。例えば、ビジネススキルであれば、プレゼンテーション研修で報告や資料の作成方法を学べます。また、コミュニケーション研修では相手のことを考えたアサーティブコミュニケーションや育成や指導をするコーチングなどがあります。専門知識では、問題可決手法で生産や開発を円滑にこなし、加えて、電機や情報といった専門科目もあります。さらに、座学だけでなく、グループワークやケーススタディーでの実践を取り入れてくれますので退屈させないような工夫がされています。その他に、テキストもあるため復習が可能です。

ユニークな方法の紹介

外部講師による研修はユニークで多くの企業から指示を受けているものもありますよ。基本的にオフサイトで、研修センターやホテルを会場として行われます。これにより、受講生が日常から離れ、業務を忘れて研修に集中できる環境を作っているのです。例えば、いろいろな業種の受講生を集めた異業種交流会を兼ねた研修などがあります。業務内容が違うため新たな考え方や手法が学べることが特徴です。複数日行い親睦を深めていろいろな情報交換ができる環境も整っています。次に、フォロー研修です。実際に習ったことを業務で実践して後日報告するというものです。上司にも評価してもらうケースもあり確実にスキルのステップアップを確認することができます。メールでのフォローもありますよ。