人材育成研修の意義

貴重な人材を育てる品質の高い教育

先が見えず、雇用が定着しにくい時代ですが、離職率が低い会社には必ず理由があります。その見えない部分になっているポイントを分析して具体的に提案できる能力が採用担当者や人事担当者に求められます。新人を育てる研修は長期的に活躍できるように若い人たちのためにあります。先輩社員が一方的な経験や主観を語るだけではいい研修ではありません。何も知らない若い社員の目標によりそって達成するために一緒に仕事をするというスタンスでいることが大事です。また、新人ではなく中堅社員に対しては今後の展望をまじえた会社の方向性や、個人の能力と業務の整合性など、さらに、深い内容を指導する必要があります。社員の満足度もその後の成長に影響することがあります。

人材育成研修の必要性

終身雇用がなくなり転職することが珍しくなくなって仕事のスタイルも多様化していることから、人材教育は必要ないという声もあります。ですが、会社の理念や経営方針を理解した上で目標設定ができるようにうながすことは必要です。自分の能力を過信して、突き進もうとする社員は一見将来性のある有望な社員に見えるかもしれませんが、協調性に欠けたりする傾向があったりします。業務をこなす能力だけでは会社の成長には直結しません。そのため、人材教育研修では会社の目的と社員の目標を共有して、次に向けて問題解決できるように導くこことがコツです。 会社の問題や課題を精一杯考えてくれる人材を見つけ出し、さらに、そのサポートを惜しまずするような体制を作ることが重要です。

企業にとって、重要な課題であり経営戦略の一つである「人材育成の研修」。更なるグローバル化・IT化の時代を生き抜くためには、組織的かつ戦略的に人材のスキルや知識を高めることが必須になってきています。