グループワークを取り入れた人材育成研修

多様な価値観を認め合う効果

仕事を円滑に行うためには、自分の価値観や先入観にとらわれない柔軟な発想が大切です。自分とは異なる考え方や価値観を持つ人がいることを知り、その考え方を認めるためにグループワークは効果があります。 例えば、無人島に持っていきたい物は何かという問いに対して、その答えは様々なものが考えられます。恋人と答える人もいれば、スマートフォンや食料と答える人もいるでしょう。また、それぞれの答えに対してその人なりの理由があるはずです。このような問いに、不正解はありません。他人の考えや大切にしているものを聞くことやその考えを尊重することを学ぶことで、自分自身の考え方の傾向を知ることができ、様々な価値観を受け入れることが期待できます。

自分で考えて行動する人材を育てる効果

学校で勉強を教えてもらっている間は、自ら調べなくても聞けば答えてくれる人がいつでも傍にいたかもしれません。ですが、仕事の現場では自分自身で答えを見つけていかなければいけないことが大半です。人からの指示を待つだけではなく、自分で考えて行動できる人材が求められています。 そのような人材を育成するためのグループワークとして、それぞれが学んだり調べたりしたことをグループのメンバーで教えあって統合するというワークがあります。グループのメンバーのために、少しでも有用な情報を調べたり考えたりする訓練になります。また、自分で考えたことを人に教えるという行為で情報をアウトプットすることで、より理解が深まったり、人にわかりやすい説明の仕方を学んだりすることができます。

接客の研修は顧客に接するに当たって失礼がないために必要なスキルを得るためのものです。さらに満足度を高めるため接遇研修などもあります。またまとめて接客接遇研修などとされることもあります。