人材育成研修のコスト

e-ラーニングをメインに取り入れる場合

人材育成研修の方法は、それぞれの企業の従業員数や事業内容などによりますが、予算内で研修を実施するために、コストに注目をしながら研修の計画を立てることが大切です。例えば、eラーニングなどの現代的なインターネットを使った研修の方法は、集合研修の会場をセッティングしたり、外部から講師を手配したりする必要がないため、大幅なコストカットにつながります。また、一人ひとりの従業員に業務に役立つことだけを効率よく学ばせることができるため、教育効果を高めやすいといったメリットがあります。なお、場合によっては法人向けのeラーニングの教材開発を専門に行っている業者を利用することで、自社内ですべての教材を作成するよりも、研修コストを安く抑えることもできます。

社員研修会社を利用する場合

社員研修会社は、ビジネスマナーや語学、ITなどあらゆる専門分野に長けた講師の紹介が行われており、大手企業を中心に人材育成研修のために欠かせない存在となっています。特に、自社内に研修を担当できるスキルを持つ従業員が少ない場合には、低コストで講師を派遣してくれる会社を選ぶことがおすすめです。例えば、定額制のプランが用意されている社員研修会社においては、必要な時だけニーズに合う講師に対応してもらえるため、研修コストを削減しやすいという特徴があります。なお、それぞれの講師の知名度や社員研修の実績などにより、契約料金に大きな違いが出るため、余裕を持って信頼のできる会社の担当者と打ち合わせをすることが大事です。

接客のセミナーとは、一律の対応ではなく、心からお客様に満足してもらえるようなサービスを学ぶ研修のことです。具体的には、お客様の心理や接客方法などを学びます。