eラーニングを使った人材育成研修

空き時間を使って効率よく学習に取り組める

eラーニングは、パソコンやインターネット環境があればいつでも学習ができるツールの一つとして知られており、IT化の進展に伴って、民間企業の社員研修に採用されるケースも増えています。特に、数ある企業の中でも、フレックスタイム制が導入されているところや、同じ職場の中に様々な職種の社員が働いているところでは、eラーニングのメリットを実感することができます。また、eラーニングによる人材育成研修は、会社側にとっても人件費や会場使用料などの節約ができるため、経済的に魅力のあるスタイルとして位置づけられることもあります。なお、企業によっては終業後や休日などにeラーニングを使った自主的な学習を許可しているところもあり、スキルアップや昇進を目指すビジネスマンの間でも身近なものとなっています。

eラーニングの教材選びのポイントを押さえよう

eラーニングの教育効果を高めるためには、一人ひとりの社員の職種や実務経験、スキルなどに見合った教材を選定することが肝心です。また、eラーニングの学習時間は教材によって大きく異なるため、日ごろの業務に差支えの無いように注意をする必要があります。最近では、営業や経理、事務など様々な職種に特化したeラーニングの教材も出回っており、短期間のうちに業務に役立つ事項をマスターする上で、理想的なものとして捉えられるようになっています。また、eラーニングの教材を活用することで、研修だけでなく、資格試験の対策やキャリア形成のために役立つこともあるため、将来を見据えて色々な教材のメリットやデメリットを見極めることが大切です。

接客マナーが悪いと、お客様と不要なトラブルを招いたり、売上の減少を引き起こすなど、さまざまな悪影響を及ぼします。その為、接客マナーの研修はとても重要です