人材育成研修のテーマの選び方

研修内容が実務に直結するか十分に確認しよう

人材育成研修を本格的に導入する場合には、実務に直結しやすいテーマを選択することがとても大切です。特に、スキルアップや昇格などに役立つテーマは、多くの従業員に関心を持ってもらえるだけでなく、研修の後もそれぞれの職場内で学んだことを生かすことができます。例えば、営業トークや対人コミュニケーション、パソコン操作などのテーマの人材育成研修は、業種にかかわらず全国的に普及しており、色々な企業の研修の事例に注目をしながら、適切なテーマを選択するのも良いでしょう。なお、研修のテーマを決める際には、人事担当者だけでなく、それぞれの部署の管理職や現場の従業員などから聞き取りを行って、時間をかけて研修の準備をすることが大切です。

個々の従業員の積極性を高められる研修を行うには

人材育成研修は、仕事に必要な事柄を身に着けさせるだけでなく、様々な立場の従業員と交流を深めるうえで大きなチャンスとして捉えられることがあります。例えば、ディスカッションやグループワーク、プレゼンテーションなどを研修に取り入れることで、色々な作業を通じて一人ひとりの従業員の積極性を高めることができます。また、将来につながる研修テーマを設定するために、研修を通じて会社の一員としての自覚を持てるよう工夫をすることが大切です。最近では、新卒だけでなく中途採用者や管理職に対しても段階的な人材育成研修を行っている企業も増えていますが、それぞれの従業員の適性や能力などを考慮しながら、研修のカリキュラムを組むことが肝心です。

販売の研修では、お客様に対して販売するノウハウを学ぶことができます。これによって販売スキルが向上して、売り上げのアップが実現します。